HDMIは一本でHD(ハイビジョン)映像と音声を伝送できる便利な伝送規格ですが、規格上5m以上の長距離伝送を考えて作られていないので、設備や、イベント会場での取り回しには不向きです。
そこで、長距離伝送可能な別の規格の信号に変換しようとする際に立ちはだかるのが、HDCPです。

HDCPとは

HDMIで採用されている、著作権保護技術(コピーガード)のことです。
HDMIはデジタル伝送の為、アナログ映像信号のようにダビングを重ねることによる画質の劣化がおきません、その為、生の映像信号をコピーすればオリジナル画質の映像が際限なくコピー出来てしまいます。
それを防ぐ為の技術がHDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)という暗号化技術です。
映像送信側(Blu-rayプレイヤーやパソコン等)のHDMI出力がHDCPで暗号化されている場合、受信側(テレビ、プロジェクター等)もHDCP対応機器でなければ、映像を表示することはできません。
その為、映像機器がHD対応になった今も、アナログコンポーネントやVGAケーブルで配線されている設備が多いのです。

※日本の法律ではHDCPを解除しての映像キャプチャ(コピー)は違法行為です。

HDCPで保護されたHDMI信号の延長

チャプターファイブでは、放送事業者等、特定のな映像業者のみに販売されている特殊なコンバーターを使用して放送用規格であるHD-SDIに変換して延長しています。
HD-SDIは最長100m伝送可能です。
100m以上の延長が必要な場合は光ファイバーを使用します。(最長10Km)
これにより、設備やイベント会場等の取り回しや、スイッチャー(映像切替装置)などのHDCP非対応機器への接続が可能となります。
貸出も行っていますが、著作権コンテンツ(映画のBlu-rayディスク等)のキャプチャ(コピー)目的での貸出はお断りしております。
あくまで、HDMI信号の延長用途に限ってのみのご利用をお願いしております。

詳しくはお問い合わせ下さいませ。 お問い合わせ